健康福祉コーディネーターコース

サンプル画像
いたわりの気持ちで元気づけたい

高齢社会の到来により、福祉へのニーズが多様化しています。このコースでは、福祉レクリエーションをはじめ、介護予防のための運動指導やリハビリテーションの知識を身につけ、高齢者や障害を持った方々にも運動の楽しさや健康の歓びを伝えることのできる人材を養成します。福祉社会を運動や栄養などの専門知識からコーディネートし、健康産業を多方面からサポートします。

3つのチェックポイント

1.高齢社会の現場や、障害者福祉施設で即戦力として活躍できる知識と技術力を身につけることができます。

2.介護実習や福祉レクリエーション実技では、実際の福祉の現場を通して、福祉の仕事を体験することができます。

3.健康運動実践指導者資格に加え、卒業と同時に障害者スポーツ指導員の資格を取得することができます。

目標取得資格(抜粋)

■介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)
■健康運動実践指導者(公益財団法人健康・体力づくり事業財団)

その他、各種資格

就職

病院・診療所などの医療機関や医療福祉施設、障害者福祉施設、特別養護老人ホーム、老人保健施設、 デイサービスセンター、社会福祉協議会など活躍の場は大きく広がっています。介護スタッフやホームヘルパー、障害者スポーツ指導員、生活指導員、レクリエーションインストラクターとして活躍することができます。

目標職種

要介護予防運動指導員、介護スタッフ、ホームヘルパー、障害者スポーツ指導員、生活指導員、レクリエーションインストラクター 他
コース別カリキュラム
専門教育(実技)専門教育(実習)選択科目
人間と社会・介護Ⅲ健康福祉実習パーソナルトレーニング論
こころとからだのしくみⅠパーソナルトレーニング実技
こころとからだのしくみⅡキッズスポーツ指導
こころとからだのしくみⅢ
こころとからだのしくみⅣ
ヒーリング実技
音楽とヒーリング
福祉レクリエーション
パワーリハビリテーション
*は選択科目です。カリキュラムは年度により異なることがあります。