アスリート・トレーナーコース

サンプル画像
ココロとカラダをつよくしたい

トレーニングの理論を技術面、精神面の両面から学び、科学的にスポーツの実践を行えるアスリートと、コンディショニングやメンタル面のコーチングを担当できるスポーツトレーナーを育成するコースです。アスリートのためのセミナーや、 アスレティック・リハビリテーション、カウンセリング演習、コーチング論、運動生理学実験実習などを通して自ら競技にのぞむのはもちろん、トレーナーとしての理論と実践を学びます。

3つのチェックポイント

1.スポーツマッサージやテーピングなどの基礎知識に加え、応急処置、リハビリテーションの技術を身につけることができます。

2.専門実習では、クラブチームや高等学校、中学校のクラブ活動などでトレーナーとしての現場を直接体験することができます。

3.公認スポーツ指導者資格をはじめ、健康運動実践指導者などスポーツ指導に必要とされる資格取得をめざすことができます。

目標取得資格(抜粋)

■JATI認定トレーニング指導者(日本トレーニング指導者協会)
■健康運動実践指導者(公益財団法人健康・体力づくり事業財団)

その他、各種資格

就職

スポーツトレーナーとして、トレーナー関連企業やトータルフィットネスクラブで活躍するほか、メディカルトレーナーやリハビリスタッフとして医療機関で働くこともできます。また高い体力レベルが要求される消防官や警察官の道を歩むこともできます。

目標職種

スポーツトレーナー、パーソナルトレーナー、メディカルトレーナー、リハビリテーションスタッフ、社会体育指導者、消防官、警察官 他
コース別カリキュラム
専門教育(講義)専門教育(実技)専門教育(実習)選択科目
パーソナルトレーニング論パーソナルトレーニング実技トレーナー実習人間と社会・介護Ⅲ
キッズスポーツ指導こころとからだのしくみⅠ
テーピング&マッサージⅡこころとからだのしくみⅡ
コンディショニング実技こころとからだのしくみⅢ
こころとからだのしくみⅣ
カリキュラムは年度により異なることがあります。