ブログ

2年生の授業の様子

授業風景
教員Iです。
6月に入りました。
早いもので、新年度が始まってから、もうすぐ2か月。
2年生の授業はどんどん実践的なものが中心になってきており、毎日忙しく身体を動かしています。

「障害者スポーツ指導論」の授業ではスポーツ用車いすの操作を体験しました。
  

普通の車いすと違ってスポーツ用の車いすは、タイヤが「ハの字」になっていることが特徴です。
これは接地面を広く取り、車いすの回転性を高めるためこういう形になっているそうで、
バスケ、テニスなどの車いす競技において、同様のデザインとなっていることが多いようです。
かなり背中の筋肉痛になったようですよ。


「救急処置法」の授業では心肺蘇生法の実技試験が行われました。
 
いざというとき、その場に居合わせた人によって適切な処置を施せば、救命の可能性が高くなります。
運動指導者は身に付けておかなければいけない技能ですね。


スポーツインストラクターコースは「JAFA GFI(グループフィットネスインストラクター)」実技試験に向けて指導の練習中。
 
安全で効果的なエクササイズを提供するインストラクターには、自分自身が正しい姿勢の見本を示すのは勿論のこと、
相手に動き方や安全性への配慮を伝えることができなくてはいけません。


沢山の実技授業を通して多くの事を学び、将来に生かして欲しいですね。